リフォーム全般

Q.近隣に対する騒音や解体音が気になるのですが?

A.ご近所への配慮はもちろんしなければなりません。

当社では、ご近所のご挨拶は必ずさせて頂いていまが、工事規模によりご本人さまも行かれたほうが良い場合がありますので、当社で細かい所までお知らせをさせて頂きます。また、解体の際の音ですが、養生をしても音はどうしても発生してしまいます。ご近所の協力は必要となりますのでご理解下さい。
 


Q.工事中に冷蔵庫やタンス(重い物)の移動はどうすればいいですか?

A.ご心配いりません。当社の社員で移動します。

ご指示だけ頂けますようお願いします。
 


Q.工事中のほこりやゴミはどうなるのですか?

A.基本的にはほこりのかかるところには養生をします。

しかし、ほこりはどんなり気をつけていても拡散しますので施工場所の近くには大切な物は置かないようお願いします。ゴミや廃材は、毎日撤去して帰ります。
 


Q.工事の前にお祓いをしなければいけませんか?

A.これは、お客様の工事に対する思いと信仰心・風習ですのでお客様にお任せしています。

しかし、一般的・経験的立場からいつもアドバイスさせて頂いています。特に、トイレ廻りのリフォームには、注意が必要です。
 


Q.工事中の荷物の保管や仮住まいが必要な場合はどうすれば?

A.仮住まいが必要な場合は当社で手配いたします。(有償の場合あり)。

ただし工事中に住めない場合に限ります。荷物は、当社の倉庫で保管します。運搬はこちらでしますのでご安心下さい。また、引っ越し用の段ボールを無償で貸し出します。ご利用ください。
 


Q.工事は何時から何時までですか?

A.職人さんの可動時間は朝8時から夕方6時ぐらいです。

実際にお客様のところに伺うのは、8時20分頃です。帰りは、17時に仕事を終え掃除、残材を持ち帰りますのでそれが終わったら帰らせて頂きます。日曜日は休みますが、土曜日・祝日は現場にでます。休息は、10時と15時ですが、お茶菓子の気遣いは必要ありません。
 


Q.高齢者に配慮して安全性を高めるポイントはありますか?

A.下記のポイントになります。

1.トイレの扉は引き戸か外開き戸にする。
2.ドアのノブは扱いやすいレバー式ハンドルにする。
3.階段は、可能な限り広く緩やかで踊り場付きの曲がり階段が良い。
4.わずかな段差がつまづきやすいので段差を無くして平にする。
5.階段の照明は、踏み面を集中的に照らす足元灯を併用する。
6.玄関や廊下、浴室、トイレ、階段に手すりをつける。
7.車いすで廊下や出入り口を通るには、1m以上の幅が必要。
8.床材選びは慎重に、滑りにくい材料が良い。
 


Q.リフォームで住宅の断熱性能を高められますか?

A.リフォームする部分での断熱材を入れたり、内付けサッシを付たりとかいくつかの方法はあります。

建物全体となると、外壁をリフォームする時などに一緒にやるといいでしょう。ただし、きちんとした防湿対策、通気、換気計画も必要です。
 


Q.リフォームで防音・遮音対策できますか?

A.壁は、ボードを2重貼りにしたり、防音マットをボードの下地に入れたりします。

床の場合は、下地を二重床にしたり防音フローリング+防音マットを用います。また、プランニング時に水廻りの壁の横に収納を配置するなども、水音を軽減するのに有効です。オーディオルーム、ピアノ室などは特に遮音性能の高い内装材や建具の選定が必要です。スペースがあればユニット製の防音室の設置も検討されると良いでしょう。
 


Q.増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?

A.増築する部屋の使用目的はもちろんのこと、外観や雨じまいもよく考慮することが必要です。

1階部分の既存の屋根の下に差しかけての増築が費用的に安く済みますが、天井が低くなったり広い部屋がとれなかったり、見かけもよくありません。逆に、一部を解体して既存部分を広くする場合や平屋の上に二階を増築する場合などは費用も工期もかかります。また、多くは建築基準法で規制を受けたり、確認申請が必要な場合もありますので住宅の地域の指定など事前に確認しておくと良いでしょう。
 


Q.だいたいの目安として、筑後何年くらいでリフォームや機器の取替は必要になるのですか?

A.内装、外部、住宅機器等、また、使用材料によっても異なります。

以下、大まかな目安をお答えします。

■キッチン・浴室・トイレ・洗面所などの住宅設備機器
15年~20年ごと

◎石油給湯・ガス給湯器
10年ごと

◎電気温水器
20年ごと

◎塗壁・ビニールクロス貼替・カーペット・合板フローリングの張替等
10年~15年ごと

■外壁の塗替・張替

◎吹付タイル工法
約10年ごと

◎トタン板金・サィディング初期 約25年~
現在は、高耐久性の塗料や上から重ね貼りできるサィディング等、種類も豊富です。
耐久性や予算を考慮して検討されるといいでしょう。

■屋根の塗替・葺替

◎塗替 10年~15年
◎カラーベストの葺替 20年~
◎瓦の葺替 50年~

屋根の場合は、割れの補修や樋の取り替えなども必要です。
また、重ね葺きてきる高耐久の金属屋根材などもおすすめします。
 


Q.住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?

A.家屋の構造によってはできないリフォームがあります。

以下、代表的な構造でお答えします。

◎在来工法(最も多い一般的な木造住宅)
木造住宅のむ中では、法的に規制を守ればかなり自由にプランできます。ただし、一部屋を大きくする、大きな開口部を設ける時は、補強なども必要なので検討が必要です。

◎2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅)
壁で建物を支える構造の為、間取りの変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの増改築はまず無理と考えたほうがいいでしょう。

◎プレハブ工法(メーカー系住宅など)
メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、開口部を設けたり壁を取り除いたりには制限があります。

◎鉄骨造
在来工法でいう筋交いと同じようなプレースが壁面に入っている為、壁を取り除いたりには制限があります。

◎鉄筋コンクリート住宅
柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。ただし、面積が広い住宅で補強コンクリート壁が設けられている場合は、その壁は壊せません。
 


Q.古い木造住宅、建て替えとリフォームではどちらがいいですか?

A.全面改修で新築より高額になる場合や、かなり老朽化が進み、地盤や土台、柱に問題がある場合などは、建て替えをお勧めします。

ただし、建て替えとなると取り壊し費、2度の引っ越し費用や仮住まい費用、高額な固定資産税など、余分に資金が必要です。予算に限りがある場合、急を要する場合はリフォームを。また、建物が敷地ぎりぎりに建っている場合など、建築基準法が建築当時と異なっていると規制を受けて建て替えると今より小さい家屋になるときもリフォームをお勧めします。今の建物に愛着がありエコ意識の強い方はリフォームをお勧めします。
 


Q.リフォームの工事は何日くらいかかるのですか?

A.工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況によって違ってくる為、一概には言えません。

あえて目安をあげるとすると、内装工事では一週間、ユニットバスを新しく入れると一週間、システムキッチンの交換4~5日、トイレのリフォーム4~5日、内装工事と水廻りの設備の交換などの全面改修で約1ケ月、間取り変更も含む全面改装なら約2ケ月位です。一戸建ての場合では、骨組みだけを残して全面改修は新築よりもやや短い位の工期がかかります。工程が複雑で職種が多いと長くかかります。マンション、一戸建ていずれも解体してみて問題が見つかることもあり、補修などの為に予定よりも工期がかかることもあります。
 


Q.住みながらでも工事できますか?

A.一戸建てでもマンションでも住みながらで大丈夫です。

大がかりなリフォームの場合でも、部屋毎や1..2階に分けて工事したり出来ます。ただし、水廻り等の工事では、数日間キッチンやお風呂が使えなかったりの不便な面はでてきますので、考慮しておく必要があります。
 


Q.リフォーム会社に相談したり見積りを取ったりしたいけど、その後しつこく営業してきませんか?

A.会社により差はあります。

ですが、良心的な会社であれば頻繁に電話したり、直接訪問したりすることはあまり無いといえます。リフォームの場合は、個々の住まいの状況を実際に見て確認しないと正確な金額か出ないケースが多いですし、いい提案やプランもできません。見積も後に断っても構わないのですから、積極的にご相談なさってください。
 


Q.満足いくリフォームをするポイントは?

A.会現在の住まいへの不満を書いてチェックシートをつくるのをお勧めします。

漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。また、リフォーム雑誌や本で情報を収集して、イメージを伝えやすい写真などがあれば切り取るなどして打ち合わせに活用してください。住宅設備機器などの取り替えの場合は、ショールームに行って実際の使い勝手や、寸法をチェックするのも失敗しない為のポイントです。