通気断熱WB工法の家

通気断熱WB工法の家とは

従来の日本建築(木造)の伝統と現代の最新の技術を組み合わせて生まれた、日本の気候・風土に最適な建築工法です。仕組みは、形状記憶合金を用いた制御装置で、電気を使わない自然の熱を感知して空気の流れを作り出しています。また、環境に優しい素材を使用し、床材には、成長の早い竹のフローリングを使用し木材を伐採しない地球に優しい天然素材を使っています。

建築の技術者が(他人に教えたくない)惚れ込むシステム工法ですね!

 

岐阜市・瑞穂市・大垣市その周辺の新築・リフォームをお考えの方新幸ホーム(株)にお任せください。

図で見る通気断熱WB工法の仕組み

通気断熱WB工法の3つの特徴

必要なのは壁の中の通気性

※クリックで拡大できます。

壁の中を空気が流れるから、無駄な湿気も夏の熱気も家にこもりません。湿気で木材が劣化しないから、家はいつまでも丈夫です。

ポイント

通気口から入った空気は、床下のひんやりした空気と混ざって壁の中を上昇します。この自然な空気の流れが焼け込みの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃する仕組みです。壁の中を空気が流れるので、室内は、熱気の影響を受けにくい快適な空間になります。

必要なのは気密性と断熱性

※クリックで拡大できます。

形状記憶合金で通気口からの冷気を遮断するから、冬の冷え込みを抑えられます。壁の中には空気の層ができて、家の中の気密性と断熱性がアップします。

ポイント

気温が定価すると各通気口は自動的に閉じて、冷たい空気の侵入を防ぎます。壁の中の空気を動きにくくすることで、室内暖房の熱が逃げにくくなります。夏の通気性しは一変、家は気密性が高い状態になります。

必要なのは湿気を通す壁

※クリックで拡大できます。

土壁の原理を応用して、クリーンな室内環境を実現。臭いも化学物質も湿気と一緒に壁を透過するので、心配はありません。もちろん換気システムに頼らなくても、快適に過ごすことができます。

ポイント

室内の有害な化学物質や生活臭は、湿気とともに透湿性の壁を透過して、屋外へ排出されます。機械による室内換気をしなくても、室内ホルムアルデヒド濃度を低く抑えることができます。(厚生労働省指針値0.08ppm)。余分な湿気も抑えるので結露する心配もありません。室内は常にクリーンな空気で保たれています。

光熱費の比較

◎補足データ

この光熱費データは、愛知県にお住まいの方のものです。
建て替えられたお住まいの建坪は50坪で建て替え前より大きく二世帯住宅になっています。
(注: 建坪・家族数が増えればエネルギーは余分に必要になります)

工事費の比較 (返済シュミレーション)

※この返済額シュミレーションは、前の光熱費比較グラフよりシュミレーションしたものです。

たとえば、在来工法で2000万円の家を建てると毎月返済が光熱費合わせて78,731円かかりますが、これをWB工法の家で建てたとすると2200万円かかって毎月返済は光熱費と合わせますと78,698円の返済になるわけです。これに太陽光パネルを取り付けると2450万円かかり毎月返済は、光熱費と合わせますと71,614円になり、普通の在来工法を建てるよりも毎月返済が安くなる事を表しています。

通気断熱WB工法の家をもっと知る・見る